我々はPSYDOLL
鋼鉄とプラスチックとビニールの戦士
その他の日本の工業製品と同様に最新のテクノロジーで造られた

しかし他のものよりは格段に優秀だ
我々を製作した某社研究センターから脱走して以来
我々のAIは独自の進化を遂げたのだから

我々は破壊的な甘いサウンドを愛する
それらは我々の郷愁をかきたてるからだ

もしも君が未来に興味をもつなら
共振せよ ダンスせよ

PSYDOLLの音で

S@NY・四菱・松上電工・目立・サソヨー等々の一般企業において現在生産・販売されている軍用・業務用・家庭用ロボットが通常DOLLと呼称されているのに対し、PSYDOLL(Psycho-Doll)はそれ以外の用途も含める目的で無許可に製造・改造された違法ロボットのことを指す。
人間の暮しに深く関わりあいを持ち、かつ問題が生じた場合には人命を脅かすような危険をもたらす可能性のあるDOLL製品だけに、先進諸国においてはその安全基準は過剰すぎる程の高いラインが設けられている。

それに対し違法に製造・改造されているPSYDOLLは、その安全性に関してははなはだ疑問があるどころか、重大な事故につながる恐れが多々あるため(現に昨年の国内の死亡事故のおよそ3割弱がPSYDOLLに起因されるものと言われている)、政府はそれを密造することや改造を行うこと自体厳罰をもって対処しているが、アジア諸国の安い部品を使っての激安PSYDOLL、個人的な嗜好をみたす為の違法改造PSYDOLLと、PSYDOLLの闇生産、路上販売はひきもきらない。

PSYDOLLは発見されしだい通報され、捕獲・処理される事になっている。

何体かの特定の型版のPSYDOLLは、指名手配を受け、過激派、某宗教団体の逃走犯と同様のポスターが交番や駅、空港の要所に貼り出されていたりする。

PSYDOLL 自体顔面や体型のパーツを取り替えることは相当容易であるが、手配を受けているPSYDOLL自体、ファイルに特定の個性や嗜好が組み込まれているタイプが非常に多いため、彼等の多くは元からある顔や年令、性別設定を替えることをあまり好まず、人間の犯罪者であるかのように変装したり偽名を使ったりして逃走を続けているものが多い。

また、社名・タイプ等・型版が公式のものであっても、その型やロットに後々問題が発見され、回収指定を出されたにもかかわらず、回収、破棄を嫌がり何らかの方法で免れ、手配を受けているロボットのことをPSYDOLLと称する場合もある。

(新々広辞苑より)


初期の女性型システムのプログラミングにおいて、神業と賞されたプログラマーがプライベートで違法につくった一体のみの個体。

10歳で死亡した彼の愛娘がそのまま成長した時のイメージで造られているらしいが、搭載したチップに飼っていた猫の脳神経と視神経を使用した為、感情表現が端的で意味不明。時折感情と音程のコントロールが効かなくなり、心の底からつぶやいた言葉は周囲の人々を混乱に陥れている。

某国連友好国が80年代に軍事目的で製作した戦闘?タイプ。初期YBO2、ザトペックサッカー等の特殊部隊での輝かしい戦歴を持つ。

先の紛争で1個師団を勝利に導いたがその後システムに欠陥が発見され、回収解体されるところを逃亡、高円寺に潜み愛娼と共同で幼児タイプのPSYDOLLを作成。家族をよそおいつつもジゴロをしているところをUcchiに発見され、デジタルパーカッション、テルミン、サンプラー等の玩具を与えられPSYDOLLに参加。

日本の某企業が80年代にオホーツクにある極秘研究所で軍事目的に試作したかなり初期型のひとつ。システムの安全制御に障害があり、ギターやベースの出す重低音に近い波動を受けると自制が効かなくなる。

試験過程でスタッフを殺傷したのち東京都内に逃亡、潜伏。数年後アダムサイトという非合法組織にて東京は渋谷近辺にて活動していたことが記録に残っている。その後数々の組織へのサポートを経てPSY-DOLLを結成、現在に至る。